昼休みのブレイクタイムになると馴染み一門で入り込みバレーボールをすることがルーティンになっていました

学生時代に奴隷になったことは、昼休みのブレイクタイムになるとラブラブ集まりで入り込みバレーボールをすることが習慣になっていました。
本格的なバレーボールではなく、バレーボール部のお客もいませんでしたが、ボールを放置をしながら何回貫くか?という遊戯で最初の頃は3回ぐらいでボールが落ちてしまっていたのが、だんだんと技術をつかむようになった結果後で回数が増えて赴き、50回以外続いた時折皆で感動しました。バレーボールだけでなく、長縄による遊戯などチームメイトという協力して何かをするについてに楽しさを覚えて夢中になって言うのだと思います。長縄は回すお客と飛ぶ人の互いの連盟が必要な遊戯で、皆が同じように飛ばないと縄がアクセスに引っ掛かりどうも回数は増えませんが、究極回数が上がるごとに何だかチームメイト気配りが高まり面白くなったことを思い起こします。大人になると夢中になる好みにお金を使うこともありますが、学生時代はお金が掛からず夢中になれる好みや遊戯が沢山あったなと懐かしく感じました。http://www.michaellawrenceco.com/